坐骨神経痛とは?原因、症状

坐骨神経痛の整体をしている八千代中央駅徒歩1分エボリューションボディ プラス整骨・整体院の五十嵐です。今回は坐骨神経痛のこと、原因、症状を解説していきます。

坐骨神経痛とは

坐骨神経が圧迫されて痛みやしびれが出ている状態です。

人体で一番太い神経が坐骨神経です。腰からお尻、太ももの後ろを通り枝分かれしながらだんだん細くなり足の指先まで行く神経です。その神経の通り道のどこかで圧迫されて痛みやしびれを起こした状態が坐骨神経痛と呼ばれます。

症状

お尻や太もも、ふくらはぎ~足先などに症状が現れます。歩いたりする時だけ痛くなる方もいますが、立っているだけ、座っているだけでも痛くなる方や、毎日ずーっと違和感やしびれを感じている方もいます。症状は人によって違い主にしびれや痛みですが、鋭くズキッとした痛み、しびれ、筋肉が張っている感じなどがあります。

坐骨神経痛とは原因ではなく症状のこと

よく間違えやすいのが坐骨神経痛は症状であって原因ではないのです。原因があって症状がでます。

坐骨神経痛の原因

多い原因が腰椎椎間板ヘルニアです。その他にも腰部脊柱管狭窄症梨状筋症候群などがあります。

病院での治療

薬物療法

痛み止めのお薬として非ステロイド性の消炎鎮痛剤。しびれるような痛み、ズキッとした鋭い痛みには神経障害性疼痛治療薬。筋肉を和らげるのに筋弛緩薬。

神経ブロック

痛みを感じる神経に局所麻酔薬で神経の伝達を麻痺させます。

理学療法

運動療法やマッサージや電気など

手術

排尿障害などおしっこがもれたり、出にくくなったり、出なくなったりした場合に手術が考えられます。

八千代市にお住いの方はこちらをチェックしてみて下さい。
八千代市の整形外科6選【五十肩,腰痛,ヘルニア,坐骨神経痛,狭窄症】

根本原因

根本原因とは坐骨神経になってしまった原因、ヘルニア、狭窄症などがありますがその原因の前、なんでヘルニアや狭窄症になってしまったか。これが根本原因です。

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群の根本原因は姿勢です。姿勢が悪くなり骨や筋肉に負担が大きくなるとヘルニアなどになってしまい坐骨神経痛が発生します。

なので坐骨神経痛を改善するポイントは姿勢改善にあります。電気やマッサージ、痛み止めや湿布で良くならなかった坐骨神経痛のあなたはこちらをご覧ください。

坐骨神経痛の整体